2006年02月28日

久々のコンサート批評

久々のコンサート批評です。
以前ご案内をしたかと思いますが、
「関 裕子」のピアノコンサートに行ってきました。

プログラムは
1.ベートーヴェン/ソナタ第28番イ長調
2.シューマン/ソナタ第2番ト短調
3.ブラームス/ピアノ四重奏曲第1番ト短調
4.リスト/ハンガリー狂詩曲第15番 ラーコーツィマーチ

アンサンブルのメンバーは都響の
海和伸子(Vn)、中山洋(Va)江口心一(Cel)
という顔合わせです。

演奏会のタイトルがなかなかいい。
ほとばしる情熱、陶酔のピアニスト
「関裕子 ピアノを語る」です。

陶酔、陶酔、陶酔、、、???

この落ちは最後に。。。

今回はなかなか重たいプログラム、ベートーヴェンに始まり
シューマン、ブラームスのアンサンブル、ラーコーツィマーチ
とそうそうたる曲を見事に弾きこなし、観客を魅了した
素晴らしいコンサートでした。

最初のベートーヴェンは聴いていて、見ていて妖艶な雰囲気
を醸しだし、陶酔の域に入り込んだ演奏は観客を引きつけます。

ブラームスのカルテットはCD化したフェスティバル
カルテットを抜いたかの勢いで、歴史に残る名演(大げさ)
とも言えるくらい感動した演目でした。

まあ、演奏前の能書きとおしゃべりはお邪魔だったのですが、
そんなものはなんのその。
私の場合ほとんど感性で聞いているので、専門的なことや
批評は書けないのです。
ホールに響き渡るピアノの音は、観客を引き込み
また、息をつかせず、ハイテンションに渦巻いて絶賛を
浴びたと言っていいでしょう。
思わずブラボーと叫ぶのが自然な、そして止まない拍手、
拍手、、、
まさしく奏者も観客も陶酔し終演となりました。
終わってみたら大変気分の良くなるコンサートでした。
きっと人をほんとの意味で癒してくれる(元気を与えてくれる)
演奏だったと思います。
音楽は人を元気にしてくれる。まさしく中世よりより受け継がれた
クラシックの本流なのかもしれません。
最近はこのような演奏者が少なくなったのが残念です。

ホール全体について
残響が長いのはこのホールの特徴で、特に歯切れの良い曲
には少し残響が長いかなと言う印象でした。
もう少しデッドでもいいのかなという感じです。
音が重なるときに一音一音が不明瞭になりがちかもしれません。
あくまでも私的感想ということです。

さて、今回のコンサートでは終演後に懇親会が設けられ
関さんをはじめお仲間のアーティストや関係者、mixi仲間
が集いました。

関さんはアンサンブルのメンバーと懇談するため、後から参加を
されたのですが、現れたときは既に沢山お召し上がりになった後
という感じで、そんな関さんに飲ませる、飲ませる、飲ま飲ま
いぇ〜〜という感じでお酒をあおって居られました。

ん〜〜陶酔のピアニストか、、コンサートでは陶酔し、
今は泥酔ピアニスト。しばし介護の手をさしのべ終宴、、、
日記を拝見するところ無事にお帰りになった感じでした。
お仲間の方々ともお知り合いになれ、大変興奮した一日
でした。

今回の演目にブラームスのピアノカルテットト短調があると
聞いて早速名演といわれるレコードのCD化を
アメリカのMYTHOSレーベルに頼みました。
関裕子さんにも聞いて頂き、レコードの素晴らしさなど味わってもらいました。
ご興味ある方がおられましたらお知らせください。

posted by sobarlang at 23:26| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

表参道ヒルズに行ってきました

久しぶりのmixi日記です。皆様には大変ご無沙汰をしておりご心配をお掛けしております。お仕事が忙しかったり、新しいPCの世話をしたりと公私ともども忙殺の日々を過ごしております。

<表参道ヒルズに行ってきました>
・昭和の初期建てられた同潤会アパートの跡地に建てられた「表参道ヒルズ」が先日オープンしました。

omote01.jpg
「参」のマークに注目よく見るとスパイラル・・・

 ◎◎ヒルズと言われると思わず行ってみたくなり、カメラ片手に行ってまいりました。表参道駅を出るとヒルズに向かって長蛇の列、オープン早々とあって入場制限をしており、まずは入るのに一苦労というところです。裏口は全て出口専用、警備員もたっていました。

omote02.jpg

やっとの事ではいると中は肩が触れあうほどの込みようでしたが、まずは一番上へとスロープを上がって、、、真ん中の大きな吹き抜けを囲むようななだらかなスロープのサイドに各ショップが建ち並び、一筆書きで巡り歩くことが出来そうな感じでした。

omote03.jpg

ショップにはあまり興味がなかったので、さらっと見て通ことにし建物の感じや演出を眺めながらぐるぐるとスロープを歩いていきます。美味しそうなワインのお店や日本酒のおみせなどありますので落ちついたら一度行ってみようかな、、、、

omote04.jpg

スロープの途中に階段があるが、スロープとの擦り付けがうまくいっていないのか段差がある、、、危ない。
さて、一通り見たところで外へ、、、まだ長蛇の列、、、裏に回る、、、コンクリートの建物は無機質。安藤忠夫の設計だったっけ、、、と思わせる打ち放しのコンクリートや手摺りの手摺り子は例によって大胆な大きさのパイプを使っていました。この手法どっかの温室で見たな、、、スロープも、、、

omote05.jpg

omote06.jpg

omote07.jpg

1階にとても高級なお店(ハリーウィンストン)がありました。宝石店だけど、、、入り口には人が立っている、、、その奥の扉は飾り格子の扉、、、その奥はプライベートセールスルーム??
っていったい何だ?VIPルームかな、、こういうところでお買い物をするのはどんなひとかななどと想像しながら、、、ヒルズを去っていきました。
高級ブランド店の並ぶ表参道です。皆さんもいちど歩いてみては如何でしょうか。

久々の日記でした。
posted by sobarlang at 22:53| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。