2009年08月30日

MYTHOSレーベルからLPレコード発売

 米国の超ハイエンド・オーディオマニアが手がけ、幻の名盤のCD-Rによる復刻
 で高い評価を集める“MYTHOS”(ミソス)。このたび、CD-Rに続きアナログ
 レコードの復刻にも乗り出したミソスの商品をお買い求め頂けるようになりました。

 今回販売するのは、全世界で500セット限定という貴重なアナログレコード。
 フルトヴェングラーの指揮による「ベートーヴェン交響曲第9番(1942年)」
 と「ベートーヴェン交響曲第3番・英雄(1944年)」、「ベートーヴェン
 交響曲第5番・運命」の3作品です。

 「ベートーヴェン交響曲第9番(1942年)」は、超レア盤の誉れ高い
 旧ソビエトVSG盤の復刻。キッテル指揮の合唱団と、フルトヴェングラーの指揮が、
 鬼気迫る演奏に昇華されています。また、2枚組でオリジナルジャケットが精密
 に復刻されているのも見逃せないポイントです。

「ベートーヴェン交響曲第3番・英雄(1944年)」はフルトヴェングラーの
 伝説といわれる戦時下1944年のライブ録音作品。マスターは戦勝国である
 米国に渡り、ウラニアレーベルで発売されました。しかも、LP1枚に納める
 ために、ピッチを早めたといういわく付きで、その壮絶な演奏と相まって、
 コレクター垂涎のアイテムとなっていた作品です。

 「ベートーヴェン 交響曲第5番・運命」も指揮はフルトヴェングラーで、
 戦時下の1943年に録音された貴重な作品。復刻の原盤は、ほぼ新品に
 近い状態の、旧ソヴィエトのガストナンバー 5289-56、D5800/5801で、
 青灯台レーベル初期盤を使用しています。もちろん、復刻にあたっては
 ミソスならではの適正化された、超の付くビンテージ機器群を今回も使用
 しています。

■ベートーヴェン交響曲第9番(1942年)
指揮:フルトヴェングラー/合唱指揮:キッテル
・LP盤
 価格:2枚組 ¥31,500(税込)
 品番:MPLP001/2
・CD-R盤
 価格:2枚組 ¥8,400(税込)
 品番:NR-ZERO1/2

■ベートーヴェン交響曲第3番・英雄(1944年)
指揮:フルトヴェングラー/演奏:ベルリン・フィル
・LP盤
 価格:¥10,500(税込)
 品番:MPLP003
・CD-R盤
 価格:¥6,000(税込)
 品番:NR-ZER

■ベートーヴェン交響曲第5番・運命(1943年)
指揮:フルトヴェングラー
・LP盤
 価格:¥10,500(税込)
 品番:MPLP004

 HMVオンラインでも販売されていますが、メールをいただければ
 さらに全製品割引価格でおわけいたします。
 
 こちらが全製品ラインナップです。CDとLPのみです。
 http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?adv=1&label=Mythos+Cl&category=1
posted by sobarlang at 18:39| 東京 ☁| Comment(59) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

現代音楽を聴いて

テッセラの春・第4回音楽祭に行ってきました。

http://oyaduo.exblog.jp/

プログラムは現代音楽ばかりですが、すこし感想を書いてみようと思います。

1.シャリーノ:「フェニキアのイメージ」
 リコーダの独奏なのですが、「えっ」、、、カルチャーショックでした。リコーダといえば小学校の頃授業に有りましたね。そしてなんとなくバロック音楽をイメージしますよね。軽やかな特徴有るトレモロなど印象的なのですが、、、
 しかし、全然違います。リコーダでこんな音が出るのかっ!という演奏です。
 小刻みに「たっ、たっ、たっ、、、、、」と音がして、その間に突如として吹く風のごとくしゅ〜〜わ〜〜、ひぇ〜〜と来て、でも同じリズムでたっ、たっ、、、と続いている。
 最初の曲から、ああやられた〜という感じでした。
 ううう、あまりにもこの世界を知らなすぎる。


2.ケージ:「トイ・ピアノのための組曲」
 ジョン・ケージといえばピアノの前で何も弾かずに終わる演奏など有名ですが、この曲はトイ・ピアノで演奏されます。トイ・ピアノって、そうです。小さい頃お家に有った方もいらっしゃるでしょう。
 2オクターブくらいの鍵盤で、一応弦をたたく音がする、、、
で、このトイ・ピアノでまじめに演奏するとこうなるのだなって、、、これは楽しい演奏でした。
 ピアニストの廻由美子さんが席に座りながら体を揺らしていたのが、印象的でした。見事に弾く大宅裕さんもすごい!

3.原田敬子作曲「零刻」
 演奏会には作曲をされた原田敬子さんがナビゲーターを努めていらしたのですが、この曲は琴とリコーダーのために書かれた曲です。
 琴といえば斬新なグループでKOTO VOLTEXなどは聴いたことがあるのですが、日本のお正月にはいやでも耳にする楽器ですよね。
しかし、琴は弦をはじいた瞬間「琴」であって、それを打ち破る作曲ってこういうことか、、、という演奏でありました。
 チョーキング、ボトルネックは勿論、たたく、はじく、こすると言ったテクニックを駆使し奏でられる琴は琴を超えた楽器に変身するのでありました。
 ここで登場したリコーダはでかい!バスーンみたいなリコーダが登場しともに奏でられたのでした。

4.原田敬子作曲:NACH BACH
 バッハの平均律グラヴィーア集第1巻の全24曲に密接に関係した小曲であるのだが、、といっても想像できないでしょう。旋律の音だけをピックアップしたり、並べ替えたり、長さを変えたりといろいろアレンジされているのですが、バッハの面影はあまり感じられない、作りになっていました。
 それぞれに作曲家や、建築家、アーティストへという副題が付いていますが、聴いていると思わず笑ったり驚いたり、、、結構楽しめるピアノ曲でした。ピアニストが声を発しながら弾く部分もあります。また、ピアノを鳴らすテクニックもすごく、ず〜〜と音が共鳴し続ける音など普段では味わえない音ではないでしょうか。

5.イザン:「ピアノ三重奏」
 韓国の作曲家イザンの作品で、ピアノトリオです。重々しい、重苦しい、時にはムンクの叫びな様な、なにをどう表現したのか理解がしがたい難曲です。ピアノのテクニックとしては、弦を直接手でたたいたり,はじいたりと本来のピアノの音を逸脱した楽章もあり、新鮮に聞こえるのかもしれません。

6.ウストヴォルスカヤ:「ピアノ・ソナタ第五番」
 ピアノといのはこうまでなるのか??という曲。フォルテの3倍な音量が目の前に迫ってくる、ピアニッシモの何倍もの静けさの中にそ〜〜と一つの弦が共鳴して消える、、、もうピアノという楽器の領域を超え、なにか音のでるマシンと化した状態で響きわたるのでした。

7.ベルグ:OP4より「ここに平和が」
 どこが平和的な曲なのか?というくらい暗い、重い曲。このあたりになるとかなり疲れも出てきているが、意外に綺麗な旋律も混じりなかなか面白い曲でした。


 以上、昨日のコンサートの感想でした。
posted by sobarlang at 18:34| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

コンサートのご報告

コンサートのご報告

 『関裕子 ピアノを語る vol.4』 
 日時:2月22日 日曜日 13:00開場 14:00開演
 場所:秋川キララホール
 後援 ハンガリー大使館 
 主催 裕愛カメラータ

 <曲目>
 モーツァルト : ピアノ・ソナタ 第11番 K.331 イ長調(トルコ行進曲付き)
 ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ 第23番 作品57 ヘ短調 熱情
 シューベルト : ピアノ・トリオ 作品99 D898 変ロ長調

 都響の海和伸子さん、松岡陽平さんをお招きしてトリオを演奏。

 
 去る2月22日(日曜日)、コンサートにいってまいりました。
 お誘いし来ていただいた方々には感謝お礼いたします。
 今回は会場のお手伝いを少しやり、本番は小屋で愉しむことができました。
 
 開演までの様子を書きましょう。

  9:15 会場に到着

     ステージマネージャー、アーティストと下打合せ後、ホールの様子を見に行く。
     ピアノは設置されている。

 10:00 ピアノの慣らしと位置決め開始
     慣らしの音階を聴きながらチェック。
     リハーサルを聴きながら小屋の響き具合をチェック。
     
     残響の長いホールなので、どう特性を生かそうか思案。
     ピアノのポジションの方針を思案。
     先ずは床の余分な振動をどうにかしたく、一番硬い場所を
     検索。いわゆる根太の位置に決定。

     響きのチェック〜すっきりした音には近づいた。
     でもまだ残響が、、、
     モーツアルトは軽快に歯切れよく鳴らしたいが、ちょっと不満が残る。

     次はベートーヴェン。低域部の音の厚みと高音部の分解度
     をどこまで出せるかなと考える。
     良く響いている。まあ良いところだ。
     なんだろ、パタパタという音が聞こえる。 < これが後で大変なことに。

     演奏は熟練したテクニックと並大抵でない音の厚みを
     表現してきている。圧巻というところだ。

     さあ都響のメンバーもそろいトリオのリハーサル。
     演奏の方は全然心配ないと踏み、バランスのよさを3ヶ月聴きこんできた
     イメージと照合する。

     昨年の記憶とイメージからスタートしたが、今回は少し変更。
     昨年は録音もあったので、ホールの響きと録音のバランスを
     どう妥協するか悩んだ。
     今年は遠慮なく(録音エンジニアには悪いが)ホールのことだけ
     考えてチューニングできる。
   
     ヴァイオリンがやわらかすぎる。もっと前面で華やいでほしい。
     位置を調整。チェロはだいたいいいかな。

     ピアノは乾いた感じがいい。出すぎずうまく引っ込んでいる。

     リハーサルが進む。演奏は息が合って問題なく奏でられる。これは
     いいぞ。曲はイメージした音がしている。
     
     あと、もう少し。微調整完了。

 11:30 リハーサル完了。場ミリをしてひとまず休憩。

 12:30 お客様をお出迎え。お誘いした方がきてくださりしばし歓談。
     開演前まですこしお手伝い。

 14:00 開演
     あえて後ろで聴いてみる。

     モーツアルト まろやか過ぎる。軽快な弾き方なんだけど、糸を引くような
     感じ。

     ベートーヴェン 重厚な響きがすばらしい。やはりヨーロッパ仕立ての
     演奏はすごい。もっと近くで聴きたかった。
     しばし酔いしれていると、変な音が響きだす。
     パタパタパタ、、、ん!
     そういえばリハーサルの時聴いた音、とおもい発生源を考える。
     そうだ、
     鍵盤が起き上がってくるときの音だ。
     ううううっ。まずいと思いながらエンディングをむかえる。
     先ずはブラボー!!正確にはブラビーか。

     〜〜休憩〜〜

     会場の友人にさっきのパタパタを聞いてみる。やっぱりしていたようだ。
     
     トリオの開始

     緊張の一瞬だ。始まった。すいすいリズミカルに進んでいる。
     いい感じだ。     
     チェロの弦を弾くところも明快に聞こえる。息が合っている。
     ヴァイオリンはテンションが高いな。かなり入ってきている。
     1楽章〜2楽章と奏でられる。あれ、どこかでぶ〜〜んと音がする。
     気にならないが、している。どこかのスピーカだな。曲の間で分かるくらい
     なので、かき消されてわからない。

     トリオは無事終わる。途中、何楽章だったか最後で違う音がした。
     チューニングのズレかな?
     ピアノがAを放つが気付かない。

     まあ、イメージどおりに聴けた。思わずブラボーと叫ぶ。

 16:00 アンコールも終わりお片づけ。ステージの場ミリの位置をメモしておこうと
     思ったが、忘れた。失敗。場ミリを剥がしてしまった。うううう。
     他のお手伝い、お片づけをして、、、お疲れ様でした。

 17:00 撤収〜打ち上げパーティーに。

 長くて短い1日が終わりました。

 まとめ
 終わってみたら大変気分の良くなるコンサートであった。
 きっと人をほんとの意味で癒してくれる(元気を与えてくれる)
 演奏だ。
 音楽は人を元気にしてくれる。まさしく中世よりより受け継がれた
 クラシック音楽の本流なのかもしれない。
 最近はこのような演奏者が少なくなったのが残念です。

 実は次の日もすこし引っ張っていて、いろいろ考えつつ今後のことや
 反省であまりすっきりしていない。
 今回、ホールの響きの調整を御願いされやってみました。

 勉強不足はもろにいろいろなところに現れるものだな、、、と思い、
 でも、音楽は専門じゃないしどこまで知っていればいいのか。
 日頃は感性のみで音楽を聴いている自分がまずいなと思いつつ
 まあ、これからも少しずつ勉強するかな。

 

 
posted by sobarlang at 12:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

大宅寛先生に元気になってもらうコンサート

1週間前のことです。

 昨年末、中学の担任だった大宅先生の奥様から連絡があり、先生が入退院を繰り返していて、元気がないので元気になってもらおうと企画したコンサートがありました。今回、自分の周りの同級生をなるべく集めるべく、連絡役となりました。

 先生は直前まで入院されていたようで、だいぶ具合が悪そうでしたが、会場に来られしっかりと挨拶をされておりました。

 バリトンの佐藤光政さんが「川」をテーマに前半は歌い、後半ご兄弟の演奏をはさみ、大宅寛か歌曲の世界ということで、先生が作曲された「小景異情」「白鳥はかなしからずや」「かやの実」「子守歌」「にんげんを返せ」などを歌いました。

 3人のご子息さまもベルギーから帰国し、ラフマニノフの「6手のためのロマンス」、シューベルトの「4手のための連弾、幻想曲OP103」を演奏されました。
 3人の演奏をじっと聴き入る先生の姿に、おもわず感涙。どんな想いなのかなと考えると、涙が止まりませんでした。

 最後に会場のみんなで「犀川」を合唱。会場のみんながそれぞれの思いで感動したコンサートでした。

 先生、元気になってくれることでしょう。
 
七生公会堂は満席、立ち見の状態でした。

ここで落ち、、、
連絡役でそうこうしているうちに、チケットを取り忘れ。当日券は無い状態。とほほ。

入れない〜〜〜

どうしたものか




かろうじて同級生がダブって申し込んでいた、チケットを発見!なんとか会場に入るも、立ち見でした。

 ああ、でもラフマニノフの「6手のためのロマンス」、シューベルトの「4手のための連弾、幻想曲OP103」はよかったな。なかなか6手は聴けないと思う。

 コンサート終了後は来てくれた同級生で、物故者になった友人の墓参り、そして久しぶりに立川でお食事でした。

 みんな元気な内に会いましょう。

posted by sobarlang at 23:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

麻布十番温泉廃業

麻布十番温泉廃業

 すでに皆様はテレビ、新聞でごらんになりご存じかと思いますが、
 麻布十番温泉が3月いっぱいで廃業、約60年の歴史に幕をおとします。
 
 以下フジサンケイiよりニュースの内容です。

  六本木に近い東京の人気スポットにある天然温泉浴場「麻布十番温泉」(東京都港区)が、老朽化などを理由に3月いっぱいで廃業、約60年の歴史に幕を下ろす。地元をはじめ、長年のファンから惜しむ声が上がっている。
 温泉は戦後間もなく、都会に近接しながら下町風情が味わえる麻布十番で開業。同所で営業していた銭湯が空襲で被害を受け、土地と焼け残った煙突を
 現経営者の平岡久枝さんの父親が買い取って始めたという。

 地下500メートルからわく温泉は黄褐色で、やけどや神経痛に対する効能で知られる。1階と3階に浴場があり、3階の畳敷き大広間ではゆったりと食事もできる。六本木ヒルズを見上げる好立地にあり、観光客や外国人にも親しまれていた。

 地元の常連客、松本逸子さん(77)は「1人暮らしの数少ない楽しみだったのに」と残念がる。だが客の減少に加え、安全設備の見直しなどで経費が増える見込みになったことが、廃業を決断する直接の引き金となった。
 平岡さんは「後継ぎもなく、新しい施設をつくる余力はありません」
と無念そうだ。廃業後の計画は当面、白紙という。
 
 という報道が昨日行われました。

 さてこの温泉に関わっていた某ディレクターが今回のいきさつについて動いたようでその情報がはいりました。これから裏話になります。

 先代の社長平岡千枝さんがなくなられてから、現社長が引き継ぎ運営をしていたわけですが、なくなられてから間もなく次男の克敏さんが脳の病気で倒れ、現在半身ふじゆうになってしまったり、窯や追い炊きなど切り盛りしていたお兄さんが入院、現在では歩くの大変な状態になり自由がきかなくなってしまったそうです。
 そんな中、現社長のきりもりも限界になってきて廃業をお考えになっていたということだそうです。

 第1回AZ−10に区切りをつけたあと、現社長が別のグループで再構築プロジェクトを立ち上げていたという話がありました。
 そのプロジェクトの結論が、某不動産業者に土地を売ってしまいそこに温浴施設をたてどこかが運営するといこと、そして土地を売った代金でマンションを建て、賃貸料で生計を建てていくという方法だったという話でした。

 某ディレクターはこの話にストップをかけるべく折衝をした結果この計画は保留になりました。

 いづれにせよ、切り盛りしていくことや設備投資は当面無理という判断で廃業を選んだということです。

 ここで報道の中に「業後の計画は当面、白紙という。」ということがかかれているのはそのような働きがあったということなのです。
 不動産業者に売ってしまったら「白紙」ではなく「売却」ということになったわけです。

 物語はこれから始まる、、、、
 某ディレクターはこのように語っていました。

 また、再構築プロジェクトが始まる気運とのこと復活物語はこれから始まるとのことでした。

 今後の動きに注目したいと思います。
 
 まあここ数週間は報道やメディアでごった返している麻布十番温泉界隈だと思います。

 閉店まではイベントもなくひっそりとおやめになるというお話がはいってきました。
posted by sobarlang at 11:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

最近のオーディオは

1960〜1990年代にかけ、内外共にオーディオの開発にかけたメーカーは数多くありました。日本でいえばSONY,テクニクス、トリオ(現在のケンウッド)、デンオン(今のデノン)、コロンビアやビクター、YAMAHAなどなど技術を凌ぎあって機器の開発がされました。
 この頃、海外ではクラシック全盛期で、なんとか家庭であのホールの雰囲気を出しクラシックを聴こうと躍起になり、その為オーディオ機器の開発が行われました。
 海外ではマランツ、マッキントッシュ、クウォード、JBL、タンノイ、ガラードなどいまでも有名なメーカーが職人技で機器を作り上げていました。
 当時、日本製に比べ当然輸入品だったので高価で高級でした。手作りということもあって、(日本ではパートのおばちゃんが半田付けし組み立てていたのですが、、、)職人が作り上げた製品は繊細で真似のできないたいしたものでした。
 
 日本でもその違いに近づこうと、模倣を繰り返していたのですが、
 たとえばコンデンサひとつとっても違いがあり、その材質からして似て非なるもので構成されていたということで、真似をしたレプリカものはほとんどダメでした。

 さて、このように発展してきたオーディオも2000年にはがくっと衰退してしまいます。レコードがらCDへの転換によってオーディオは大きく変貌する事になったわけです。どれを聞いても特徴のない音作りが行われ、そこそこ良いけど、長くは聴いていられない、、、そんな製品が横行し、オーディオ業界はすいたいしていってしまいます。
 クラシックを聴いてみるとよく分かるのですが、雰囲気がまったくつたわらないシステムがおおいのです。
 ですからこの時代にオーディオに興味をもった人たちは大変不幸なのです。ほんとに良い物を知らない、また良い物を聴く機会もないということですのでほんとに哀しいことなのです。

 そんななか、細々とですが古き良き時代のアンティークオーディオで頑張っているお店やユーザーもおられるのです。大変マニアックな方がおおいのですが、ほんとに良いシステムでききますとそこには全く別の世界があるのです。
 そのような方に支えられてきたこのアンティークオーディオ業界もいよいよ終演を迎えるのではないかと囁かれております。

 ハイエンドオーディオと呼ばれる機器、たとえばヤマダ電機やヨドバシカメラでもちょっと際だったお値段で販売されている、高級オーディオというカテゴリーがあります。これがまた全然売れないのです。おそらく老舗のダイナミックオーディオなども近々手を引いていくものと考えます。
 高価で高級なものなのですが、音楽を聴く装置になっていないのです。高い割にはだめということです。

 それならアンティークはというと慢性的な品薄つまり、まともな機器はそう出回らないという事態になっています。いいものはないからアンティークには手を出さない、リスクが高いという風潮があるようです。

 このようなことで重畳が無くなりつつあるオーディオの世界ですので
 これからの若者が参入してくることは皆無となり、5年後には無くなることになるのでは考えています。
 今の若者はiPodで音楽を聴く、、、曲というよりデータという感覚、CDを所有するという意識がなく、配信されるデータを買う、、、しかもデータはコピーやり放題、、、これで良いのでしょうか。
 
 年初に2007年問題を取り上げ、「団塊世代」が企業から大量に退職することで発生する問題と新しいビジネスというところを考えましたが、オヤジが頑張ってオーディオの需要を作らない限りこの業界は終焉を迎えることになりそうです。
posted by sobarlang at 18:35| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

音楽祭に行ってきた

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2007

毎年、といっても今年で3回目となる音楽祭に行ってきました。まあこの連休はどこへ出かける予定もなく、1日だけ音楽三昧とでもいこうかということで出向きました。
コンサートは東京都交響楽団/小泉和裕(指揮)で
スメタナの連作交響詩「わが祖国」〜パートII (交響詩「モルダウ(ヴルタヴァ)」、「シャールカ」、「ターボル」、「ブラニーク」

そして、ネマニャ・ラドゥロヴィチ(vl)/レ・シエクル/フランソワ=グザヴィエ・ロス(指揮)で
ビゼー:小組曲「子供の遊び」 作品22
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ作品28
シャブリエ:ハバネラ(オーケストラ版)
ショーソン:詩曲 作品25

の2公演を聴いてきました。
序奏とロンド・カプリチオーソがよかったな。

そして「のだめカンタービレ」の関連CDなどまだまだクラシックブームは続くぞ〜〜といった感じで、昨年より人が多かったように感じました。

写真はのだめに出てくるマングースの着ぐるみです。ハブの代わりにCD持ってるけどね。いい年して着ぐるみの写真撮影とは、、、、

nodame01.jpg

nodame02.jpg

楽しい一日で御座いました。そして
六本木が近かったので、デザインカプチーノを戴きにちと足をのばしてきました。横山さんが淹れてくれたカプチーノはやっぱり美味しい、、、

追)のだめカンタービレの中の楽曲を名演で聴く企画を考えています。
posted by sobarlang at 12:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンサートいってきました

響きの宝石箱〜歌とピアノによるマチネーコンサート

 のだめカンタービレに感化され、クラシックが頭から離れない今日この頃であったが、この連休にコンサートがあり日頃の疲れを癒すことができないかと、いってきました。
お天気も良くさわやかなコンサート日よりです。

 今回のコンサートは歌とピアノのコンサートで出演者は、平松理沙子(ソプラノ)、小里明子(メゾソプラノ)、関 裕子(ピアノ)。

 プログラムはなじみのある「早春賦」「この通」「からたちの花」といった日本の歌から始まり、ピアノのソロ「幻想曲ヘ短調作品49(ショパン)」、ウィーン我が町、ほろ酔いの歌、悲しみと喜びの歌をヴァイオリンで奏でてちょうだい、帰れソレントへなど歌曲が続きます。これで1部が終わり2部はシューベルトのます、甲斐なきセレナーデ、歌の翼に、夜よ大地よ、ピアノソロでメフィストワルツ第1番、今の歌声は、春の声、薔薇とジャスミンが群れ咲くアーチで、でフィナーレとなりました。
アンコールは子犬のワルツ、アヴェ・マリア(シューベルト)、カルメン〜ハバネラなど熱演され終わりとなりました。

 「響きの宝石箱」というタイトルから、大いに期待を寄せたコンサートでした。次々と宝石箱から飛び出してくる響きは、ホールを包み込み響きの渦中に我々を包み込みました。歌曲、ピアノともそれぞれがそれぞれの響きを持ち、飽きさせる事なく楽しませてもらった感じがします。シューベルトのますは大好きな曲、ちと涙がでて感激でした。帰れソレントへはイタリアのカフェでも良く演奏される曲、、、とあるカフェを思い出しました。どれも極自然にあるがままに素直に聞き入れられる響きはテクニックや技巧を超え聴く人を引き込む魅力を持っていました。

 ピアノ演奏はやはりそこにはヨーロッパの風を感じる響きがあり、日を増す事に磨きがかけられた演奏は聴く度に新しい世界へ誘ってくれます。メフィストワルツはすごいの一言で感動しました。伴奏においてもバランス良く響きわたり気持ちの良い夢心地にさせられました。

今後もお三方の活躍に期待をしたいと思います。

posted by sobarlang at 12:44| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のだめカンタービレをMYTHOSで、、、その1

のだめカンタービレの楽曲をMYTHOSで聞こうと言うことで、早速USAから届いたのが

「ブラームス:交響曲第1番」
ルドルフ・ケンペ指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

の演奏です。
名演といわれるレコードからCDにおこしたのですが、さすが感動する演奏です。
皆さんも聞いてみては如何でしょうか。

MYTHOS_NR-2016_2.jpg

MYTHOS_NR-2016.jpg
posted by sobarlang at 12:41| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あらためてクラシック音楽を楽しむ

 今年はクラシックコンサート及び関連したミュージカル、舞台などよく行った年になりました。
 あらためてクラシック音楽を楽しんでいる今日この頃です。
 そういえば、アナログレコードを聴くためのターンテーブルが
 壊れていたため、滅多に真空管アンプに火がはいることがなかったのですが、スピーカやアンプやらを別のお部屋に(PCルーム)に移動し、ターンテーブルも中古で探し、なんとか聴ける状態にしたこともあり、手軽に楽しむことができるようになったのもその一つです。

 さて、「のだめカンタービレ」という月曜日9時からのドラマをご存じでしょうか。原作は漫画だそうですが、私は読んだことがありませんでした。音楽大学での恋愛物語とでも言うのでしょうか。芸術系の学生の変人ぶりなどやけに納得してみてしまいます。ドラマに出てくる音楽はクラシック中心で、また音楽に対する考証もなかなか正確にできています。
 色恋のことはさておき、クラシックを楽しむうえで、なかなか面白いドラマだと思いますので、皆さんも一度見て頂ければ幸いです。

 そうこうしている内にまた、企画を思いつき現在交渉中です。
 「のだめカンタービレ」の楽曲を「MYTHOS」で聴こうという企画で、番組で登場する楽曲を世界的に有名な名演奏で、聴こうという企てを考えています。「MYTHOS」はアメリカで発売されているプライベートレーベルながら、日本では大変評価が高く、入手も難しいCDです。アナログレコードの状態の良い物を、数千万円という機器でデジタル化しCD−Rで焼き込んだものです。私は何枚か入手しておりますが現在発売されているCDなど比べものにならないくらい、素晴らしい音で聴けます。

 というわけで、早速アメリカにオーダーをかけてみました。楽しみです。
posted by sobarlang at 12:31| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

覚醒する音楽

 クラシックコンサート、ミュージカル、、、など文化的な活動といえばこの程度しかいっていないのですが、冬以来クラシックコンサートには行っておりませんでした。以前、メールマガジンでご案内をしましたコンサート「野口桃子&関裕子デュオ・コンサート」に本日はにいってきました。
コンサートの感想などまともにできる知識など持っていないので、感覚的、感性だけで聞いた感想をいつも書いています。

<演目>
モーツァルト : ピアノ・ソナタ変ロ長調K.333
ベートーヴェン : ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調作品12-1
シューマン : ヴァイオリン・ソナタイ短調作品105
バルトーク : 組曲作品14
ファン・ドリーム : ハンガリー風ファンタジー
バルトーク : ラプソディ第1番 
野口桃子(Vn)、関裕子(p)のソナタのプログラムです。

 野口桃子さんはオランダ在住、関裕子さんはハンガリーに留学していたことから非常にヨーロッパ的な音を出す奏者であるというところに期待をしております。
 全体の感想は「覚醒する音楽」でした。音楽、音、、、は聞く人をいろいろな状態にさせます。今回は全体を通して覚醒させられる演奏でした。デュオというのは双方とも息がぴったり合わないと、不安定な演奏になりがちですがお二人とも息のぴったり合った演奏で曲のフォルムを作り上げていました。まさしく目の覚める演奏といってよかったと思います。
 よくデザインなどしておりますと、男性的なデザイン女性的なデザインという表現をするのですが、「たおやめぶり」「ますらおぶり」という言い方を私はよくします。分かりやすくいうと「おんならしく」「おとこらしく」ということでしょう。今回の演奏はピアノが「ますらおぶり」、ヴァイオリンは「たおやめぶり」だったとも言えるでしょう。このコンビネーションがいいフォルムを作り上げていたように感じました。全体を通してパワーのあるピアノ、繊細な音を奏でるヴァイオリンというデュオならではのかけ合いが楽しめた演奏でした。

 それぞれの曲については人それぞれの批評、感想があると思います。私は今回一目をおいたのが「バルトークの組曲作品14」。 非常に良いフォルムで、尖らずギスギスせず、でもパワフルに、そして「ますらおぶり」に。男性に変身して演奏をしていたかのようでした。それと「バルトークのラプソディ第1番」も高度なテクニックを駆使しながらも繊細に奏でるヴァイオリンはヨーロッパの香りを漂わせる音に聞こえます。

 ホールは自由学園明日館という国の文化財になっているところ、、、建築の目で見ても大変興味のある建物でした。今回はあえて2階席に上がらせて頂き聴くことができました。想像以上にいい音で聞くことができたと感じています。愉しいひとときを素晴らしい演奏で作り上げてくれたお二人にあらためて感謝いたします。

2006.07.jpg
posted by sobarlang at 09:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

鉄筋彫刻

先日、伊東屋で開催されていた「徳持耕一郎」(鉄筋彫刻家)さん個展「Figures 11」をみてきました。徳持さんとはこれで展示会でお会いするのが3回目となりエレベータをおりたらすぐ気づいて頂きうれしくなりました。今年はややこぢんまりと小さな作品(高さが60cmくらい)を主に展示しておりました。一時間くらいいろいろな活動のお話や作品作りのことを歓談させていただきました。
 日頃は鉄筋を建築現場に納める商売をしている会社に私は居るのですが(私は担当ではありませんが。。)、鉄筋をこのように芸術にしてしまう凄さにはいつも感激しています。
 作品のジャズの演奏シーンがメインです。特徴は2次元のスケッチ(実際のライブやリハーサルの時の書くそうです)を3次元の彫刻に鉄筋で表現をするというものです。スケッチの線をほどよく省略し、さらに奥行きをつける(3次元にする)事によって、非常にリアリティのある躍動感のする作品に仕上げています。写真を掲載しますが、やはり実物をみて頂くとその良さははっきりとわかります。壁に映し出されるドロップシャドウもまた良い雰囲気になります。また等身大の作品はすぐそこで演奏しているかのような雰囲気がでていて素晴らしい作品になっています。
 残念ながら伊東屋での展示は終わってしましましたが、今度は
5月12日(金)〜18日(木) に茅ヶ崎市・ ハスキーズギャラリーで展示を行うそうです。

viotor.jpg

jerevic.jpg

01-2.jpg
この写真は鉄筋彫刻を実際の風景と共に撮影したモノです。合成ではありませんよ。

「徳持耕一郎」さんのサイトです。
http://www.hal.ne.jp/saurs/
posted by sobarlang at 23:10| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

久々のコンサート批評

久々のコンサート批評です。
以前ご案内をしたかと思いますが、
「関 裕子」のピアノコンサートに行ってきました。

プログラムは
1.ベートーヴェン/ソナタ第28番イ長調
2.シューマン/ソナタ第2番ト短調
3.ブラームス/ピアノ四重奏曲第1番ト短調
4.リスト/ハンガリー狂詩曲第15番 ラーコーツィマーチ

アンサンブルのメンバーは都響の
海和伸子(Vn)、中山洋(Va)江口心一(Cel)
という顔合わせです。

演奏会のタイトルがなかなかいい。
ほとばしる情熱、陶酔のピアニスト
「関裕子 ピアノを語る」です。

陶酔、陶酔、陶酔、、、???

この落ちは最後に。。。

今回はなかなか重たいプログラム、ベートーヴェンに始まり
シューマン、ブラームスのアンサンブル、ラーコーツィマーチ
とそうそうたる曲を見事に弾きこなし、観客を魅了した
素晴らしいコンサートでした。

最初のベートーヴェンは聴いていて、見ていて妖艶な雰囲気
を醸しだし、陶酔の域に入り込んだ演奏は観客を引きつけます。

ブラームスのカルテットはCD化したフェスティバル
カルテットを抜いたかの勢いで、歴史に残る名演(大げさ)
とも言えるくらい感動した演目でした。

まあ、演奏前の能書きとおしゃべりはお邪魔だったのですが、
そんなものはなんのその。
私の場合ほとんど感性で聞いているので、専門的なことや
批評は書けないのです。
ホールに響き渡るピアノの音は、観客を引き込み
また、息をつかせず、ハイテンションに渦巻いて絶賛を
浴びたと言っていいでしょう。
思わずブラボーと叫ぶのが自然な、そして止まない拍手、
拍手、、、
まさしく奏者も観客も陶酔し終演となりました。
終わってみたら大変気分の良くなるコンサートでした。
きっと人をほんとの意味で癒してくれる(元気を与えてくれる)
演奏だったと思います。
音楽は人を元気にしてくれる。まさしく中世よりより受け継がれた
クラシックの本流なのかもしれません。
最近はこのような演奏者が少なくなったのが残念です。

ホール全体について
残響が長いのはこのホールの特徴で、特に歯切れの良い曲
には少し残響が長いかなと言う印象でした。
もう少しデッドでもいいのかなという感じです。
音が重なるときに一音一音が不明瞭になりがちかもしれません。
あくまでも私的感想ということです。

さて、今回のコンサートでは終演後に懇親会が設けられ
関さんをはじめお仲間のアーティストや関係者、mixi仲間
が集いました。

関さんはアンサンブルのメンバーと懇談するため、後から参加を
されたのですが、現れたときは既に沢山お召し上がりになった後
という感じで、そんな関さんに飲ませる、飲ませる、飲ま飲ま
いぇ〜〜という感じでお酒をあおって居られました。

ん〜〜陶酔のピアニストか、、コンサートでは陶酔し、
今は泥酔ピアニスト。しばし介護の手をさしのべ終宴、、、
日記を拝見するところ無事にお帰りになった感じでした。
お仲間の方々ともお知り合いになれ、大変興奮した一日
でした。

今回の演目にブラームスのピアノカルテットト短調があると
聞いて早速名演といわれるレコードのCD化を
アメリカのMYTHOSレーベルに頼みました。
関裕子さんにも聞いて頂き、レコードの素晴らしさなど味わってもらいました。
ご興味ある方がおられましたらお知らせください。

posted by sobarlang at 23:26| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

表参道ヒルズに行ってきました

久しぶりのmixi日記です。皆様には大変ご無沙汰をしておりご心配をお掛けしております。お仕事が忙しかったり、新しいPCの世話をしたりと公私ともども忙殺の日々を過ごしております。

<表参道ヒルズに行ってきました>
・昭和の初期建てられた同潤会アパートの跡地に建てられた「表参道ヒルズ」が先日オープンしました。

omote01.jpg
「参」のマークに注目よく見るとスパイラル・・・

 ◎◎ヒルズと言われると思わず行ってみたくなり、カメラ片手に行ってまいりました。表参道駅を出るとヒルズに向かって長蛇の列、オープン早々とあって入場制限をしており、まずは入るのに一苦労というところです。裏口は全て出口専用、警備員もたっていました。

omote02.jpg

やっとの事ではいると中は肩が触れあうほどの込みようでしたが、まずは一番上へとスロープを上がって、、、真ん中の大きな吹き抜けを囲むようななだらかなスロープのサイドに各ショップが建ち並び、一筆書きで巡り歩くことが出来そうな感じでした。

omote03.jpg

ショップにはあまり興味がなかったので、さらっと見て通ことにし建物の感じや演出を眺めながらぐるぐるとスロープを歩いていきます。美味しそうなワインのお店や日本酒のおみせなどありますので落ちついたら一度行ってみようかな、、、、

omote04.jpg

スロープの途中に階段があるが、スロープとの擦り付けがうまくいっていないのか段差がある、、、危ない。
さて、一通り見たところで外へ、、、まだ長蛇の列、、、裏に回る、、、コンクリートの建物は無機質。安藤忠夫の設計だったっけ、、、と思わせる打ち放しのコンクリートや手摺りの手摺り子は例によって大胆な大きさのパイプを使っていました。この手法どっかの温室で見たな、、、スロープも、、、

omote05.jpg

omote06.jpg

omote07.jpg

1階にとても高級なお店(ハリーウィンストン)がありました。宝石店だけど、、、入り口には人が立っている、、、その奥の扉は飾り格子の扉、、、その奥はプライベートセールスルーム??
っていったい何だ?VIPルームかな、、こういうところでお買い物をするのはどんなひとかななどと想像しながら、、、ヒルズを去っていきました。
高級ブランド店の並ぶ表参道です。皆さんもいちど歩いてみては如何でしょうか。

久々の日記でした。
posted by sobarlang at 22:53| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ジェヴィツキ ピアノリサイタル

久しぶりにピアノソナタのコンサートに行ってきました。
ピアノ界の彗星”ジェヴィツキ ピアノリサイタルです。
ジュヴィッツキは1987年生まれ、現在18歳。ポーランドの期待すべき若き新進ピアニストの活躍に期待をしながら聴いてきました。
結論からいうと大変素晴らしい演奏で、久しぶりに興奮をしました。クラシックを聴いてエキサイティングする事は滅多にないのですが、それほど魅了した演奏だったと思います。
 音楽にはフォルムがあると思います。リズムが刻まれ演奏がすすむのですが曲全体の姿としておおきなうねり(かたち)を感じる演奏で、曲のフォルムが良く出ていた演奏でした。
この若さにして素晴らしい才能を発揮し、将来がますます楽しみなピアニストです。
posted by sobarlang at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

金閣寺

京都3日目は金閣寺からスタートです。
とてもラッキーなシーンに出会えましたので、写真をご覧になってください。そうです、水面に波紋が無く鏡のように金色にきらめく金閣寺が映し出されています。

kinkakuji.jpg

なかなか見ることの出来ないシーンでした。シーンとしていました。
posted by sobarlang at 01:26| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

雨の京都

今日は一日雨でした。京都御所〜曼殊院〜銀閣寺〜清水寺〜三十三間堂と巡りました。歩いている間は雨、見学していると小雨、そしてまた雨、、、誰の性でしょうか。
もう少しすると紅葉が綺麗になりそうです。
曼殊院の庭園です。
PICT4874.jpg

そしてJRのポスターにもなっている銀閣寺です。
PICT4886.jpg

この舞台から飛び降りるつもりで
IMGP2247.jpg

いろいろなものを買いましょう。

明日は帰途につきますが、2カ所くらい廻れそうです。
posted by sobarlang at 21:17| 東京 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

京都にいます

と言うわけで、今日から3日間京都に滞在しております。
まあ京都といえば舞妓さんということで
maiko.jpg
舞妓さんです。
「おいでやす」「おおきに」
ちなみに17歳とのことでした。
決してお座敷遊びをしているわけではありません。

by 「お座敷ディレクター」
posted by sobarlang at 20:36| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

吉村弘の世界 見てきました

真夏日の最中、本来なら海水浴に出向く場所に目的の美術館がある。神奈川県立近代美術館の葉山館で「アンテスとカチーナ人形」という展示を行っている。今年は日本におけるドイツの年間になっているので、ドイツからあらゆる作品や所蔵品が日本にやってきている。実はこの展示が目当てではなく、同時開催している「吉村弘の世界 音のかたち、かたちの音」という回顧展を見に行ってきた。

hayama04.jpg

吉村弘さんは日本における環境音楽の屈指の作曲家である。レコードやCDも数多く出版され活躍していた。東京の地下鉄南北線のホームに流れる発車サイン音は吉村弘が制作したものである。
吉村弘さんとは縁があり、会社のショールームに絵楽譜と音の作品をオリジナル作品として作って戴いた。残念なことに一昨年若くして他界してしまったが、今年この美術館のサウンドロゴを作った関係で回顧展が実現した。
一緒に目黒の美術館でお話をしたときの作品もあった。パフォーマンスに使ったうさぎの耳をみて思い出した。
皆さんも機会があれば行ってみては如何かと思う。

建築の写真を撮るのは自然とやってしまうのは、性であろうか。神奈川県立近代美術館はガラスを使った建築、白い壁と青い海、青い空との調和が印象的であった。すぐ裏は海、一色海岸である。非常に環境に恵まれた美術館である。

hayama01.jpg
エントランス

hayama02.jpg
中庭にあたる部分

さて、湘南といえば美味しい物が沢山あるが、今日はシラスを食べようと探した。逗子駅の回りを散策すること10分ほどで、小さな居酒屋を発見、ランチメニューにシラス丼があったので早速入った。

sirasu_don.jpg

これがシラス丼、釜揚げしたシラスと生のシラスのミックスである。この店では、釜揚げしたもの、なまのもの、ミックスと3種類作ってくれる。
白黒で見るシラス丼も美味しそうである。
posted by sobarlang at 23:02| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

オーボエ&ピアノデュオリサイタル

 以前、メルマガやここでご紹介をした「ピート・ヴァン・ボックスタル&大宅裕によるオーボエとピアノのデュオリサイタル」にいってきました。ピアノソナタ、デュオは今までも何回と無く聴いておりましたが、オーボエとピアノのデュオは初めてでした。会場は満席で、演奏者を両脇から挟む席も一杯になりました。

演目は下のような曲でしたが、作曲家としてよく知られているのはシューマンとブラームスだと思いますが、1900年代にブリテンやラップラといった作曲家が活躍していたのは知りませんでした。どちらかというと現代音楽のジャンルに入ることもあり、なかなか聴く機会が少ないのではと思います。

<プログラム>
■ジェラルド・フィンジ
 間奏曲 Op,21
■ベンジャミン・ブリテン
 オヴィデウスによる6つの変容 Op.49
■エドムンド・ラッブラ
 オーボエソナタ Op,100
■ローベルト・シューマン
 アダージョとアレグロ Op.70
■ヨハネス・ブラームス
 ラプソディー Op.119−4
■大宅寛
 小品集
■ベンジャミン・ブリテン
 テンポラル・ヴァリエーションズ

 なかでもエドムンド・ラップラのオーボエソナタには感動をしました。何とも美しいメロディで涙があふれ出てきました。どこか心の琴線に触れ、感動のるつぼに入ってしまうすばらしい曲でした。ラップラは1901〜1986年の間活躍されたかたで、特にオーボエソナタは才能を発揮した傑作とされているようです。

 ヨハネス・ブラームスのラプソディー Op.119−4はピアノソナタで、晩年のブラームスの作品の中でもパワフルでスケールの大きい曲です。これもなかなか良かったです。

 大宅寛先生の小品集も懐かしく聴くことが出来ました。最後は本領発揮の現代音楽で締めくくりでした。

 オーボエという楽器はあまりソロやアンサンブルで演奏されることが少ないとおもいます。(私があまり聴かないのかもしれませんが、、、)初めてじっくりと聴いてみると、独特の音が前に出すぎない奥の方からす〜〜と聞こえてくるトーンが何とも言えない、心地よい響きに聞こえて来るではありませんか。これにはびっくり致しました。また音域や音色の特性か、ヒーリングミュージックに近い音色に感じたのも今回の発見でした。
全体を通して大変変化のあるリサイタルでした。

 ピアノの大宅裕氏は私の中学校の恩師である大宅寛先生のご子息さんで、現在ベルギーでご活躍の方です。
ベルギーで今回のデュオ2人が出したCDはビュリュッセルで週間ベストCDになるなど好評のようです。私も早速ベルギーより取り寄せ、事前に聴いていきました。

7805.jpg
PATHS:HAAS-WOLPE-GAL
http://www.megadisc.be/pages/cat.php でチェックしてみてください。
posted by sobarlang at 21:37| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。