2006年07月23日

覚醒する音楽

 クラシックコンサート、ミュージカル、、、など文化的な活動といえばこの程度しかいっていないのですが、冬以来クラシックコンサートには行っておりませんでした。以前、メールマガジンでご案内をしましたコンサート「野口桃子&関裕子デュオ・コンサート」に本日はにいってきました。
コンサートの感想などまともにできる知識など持っていないので、感覚的、感性だけで聞いた感想をいつも書いています。

<演目>
モーツァルト : ピアノ・ソナタ変ロ長調K.333
ベートーヴェン : ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調作品12-1
シューマン : ヴァイオリン・ソナタイ短調作品105
バルトーク : 組曲作品14
ファン・ドリーム : ハンガリー風ファンタジー
バルトーク : ラプソディ第1番 
野口桃子(Vn)、関裕子(p)のソナタのプログラムです。

 野口桃子さんはオランダ在住、関裕子さんはハンガリーに留学していたことから非常にヨーロッパ的な音を出す奏者であるというところに期待をしております。
 全体の感想は「覚醒する音楽」でした。音楽、音、、、は聞く人をいろいろな状態にさせます。今回は全体を通して覚醒させられる演奏でした。デュオというのは双方とも息がぴったり合わないと、不安定な演奏になりがちですがお二人とも息のぴったり合った演奏で曲のフォルムを作り上げていました。まさしく目の覚める演奏といってよかったと思います。
 よくデザインなどしておりますと、男性的なデザイン女性的なデザインという表現をするのですが、「たおやめぶり」「ますらおぶり」という言い方を私はよくします。分かりやすくいうと「おんならしく」「おとこらしく」ということでしょう。今回の演奏はピアノが「ますらおぶり」、ヴァイオリンは「たおやめぶり」だったとも言えるでしょう。このコンビネーションがいいフォルムを作り上げていたように感じました。全体を通してパワーのあるピアノ、繊細な音を奏でるヴァイオリンというデュオならではのかけ合いが楽しめた演奏でした。

 それぞれの曲については人それぞれの批評、感想があると思います。私は今回一目をおいたのが「バルトークの組曲作品14」。 非常に良いフォルムで、尖らずギスギスせず、でもパワフルに、そして「ますらおぶり」に。男性に変身して演奏をしていたかのようでした。それと「バルトークのラプソディ第1番」も高度なテクニックを駆使しながらも繊細に奏でるヴァイオリンはヨーロッパの香りを漂わせる音に聞こえます。

 ホールは自由学園明日館という国の文化財になっているところ、、、建築の目で見ても大変興味のある建物でした。今回はあえて2階席に上がらせて頂き聴くことができました。想像以上にいい音で聞くことができたと感じています。愉しいひとときを素晴らしい演奏で作り上げてくれたお二人にあらためて感謝いたします。

2006.07.jpg
posted by sobarlang at 09:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

鉄筋彫刻

先日、伊東屋で開催されていた「徳持耕一郎」(鉄筋彫刻家)さん個展「Figures 11」をみてきました。徳持さんとはこれで展示会でお会いするのが3回目となりエレベータをおりたらすぐ気づいて頂きうれしくなりました。今年はややこぢんまりと小さな作品(高さが60cmくらい)を主に展示しておりました。一時間くらいいろいろな活動のお話や作品作りのことを歓談させていただきました。
 日頃は鉄筋を建築現場に納める商売をしている会社に私は居るのですが(私は担当ではありませんが。。)、鉄筋をこのように芸術にしてしまう凄さにはいつも感激しています。
 作品のジャズの演奏シーンがメインです。特徴は2次元のスケッチ(実際のライブやリハーサルの時の書くそうです)を3次元の彫刻に鉄筋で表現をするというものです。スケッチの線をほどよく省略し、さらに奥行きをつける(3次元にする)事によって、非常にリアリティのある躍動感のする作品に仕上げています。写真を掲載しますが、やはり実物をみて頂くとその良さははっきりとわかります。壁に映し出されるドロップシャドウもまた良い雰囲気になります。また等身大の作品はすぐそこで演奏しているかのような雰囲気がでていて素晴らしい作品になっています。
 残念ながら伊東屋での展示は終わってしましましたが、今度は
5月12日(金)〜18日(木) に茅ヶ崎市・ ハスキーズギャラリーで展示を行うそうです。

viotor.jpg

jerevic.jpg

01-2.jpg
この写真は鉄筋彫刻を実際の風景と共に撮影したモノです。合成ではありませんよ。

「徳持耕一郎」さんのサイトです。
http://www.hal.ne.jp/saurs/
posted by sobarlang at 23:10| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

今年の桜

今年はどこへ行くでもなく、我が家の前に咲いている桜を撮影してみました。

http://web.mac.com/yoshizaki_arch/iWeb/My%20Picture%20Life/5B2B566B-F147-4579-BA60-73CAA9DC4F6C.html

相変わらずへたくそ写真です。

posted by sobarlang at 23:20| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

久々のコンサート批評

久々のコンサート批評です。
以前ご案内をしたかと思いますが、
「関 裕子」のピアノコンサートに行ってきました。

プログラムは
1.ベートーヴェン/ソナタ第28番イ長調
2.シューマン/ソナタ第2番ト短調
3.ブラームス/ピアノ四重奏曲第1番ト短調
4.リスト/ハンガリー狂詩曲第15番 ラーコーツィマーチ

アンサンブルのメンバーは都響の
海和伸子(Vn)、中山洋(Va)江口心一(Cel)
という顔合わせです。

演奏会のタイトルがなかなかいい。
ほとばしる情熱、陶酔のピアニスト
「関裕子 ピアノを語る」です。

陶酔、陶酔、陶酔、、、???

この落ちは最後に。。。

今回はなかなか重たいプログラム、ベートーヴェンに始まり
シューマン、ブラームスのアンサンブル、ラーコーツィマーチ
とそうそうたる曲を見事に弾きこなし、観客を魅了した
素晴らしいコンサートでした。

最初のベートーヴェンは聴いていて、見ていて妖艶な雰囲気
を醸しだし、陶酔の域に入り込んだ演奏は観客を引きつけます。

ブラームスのカルテットはCD化したフェスティバル
カルテットを抜いたかの勢いで、歴史に残る名演(大げさ)
とも言えるくらい感動した演目でした。

まあ、演奏前の能書きとおしゃべりはお邪魔だったのですが、
そんなものはなんのその。
私の場合ほとんど感性で聞いているので、専門的なことや
批評は書けないのです。
ホールに響き渡るピアノの音は、観客を引き込み
また、息をつかせず、ハイテンションに渦巻いて絶賛を
浴びたと言っていいでしょう。
思わずブラボーと叫ぶのが自然な、そして止まない拍手、
拍手、、、
まさしく奏者も観客も陶酔し終演となりました。
終わってみたら大変気分の良くなるコンサートでした。
きっと人をほんとの意味で癒してくれる(元気を与えてくれる)
演奏だったと思います。
音楽は人を元気にしてくれる。まさしく中世よりより受け継がれた
クラシックの本流なのかもしれません。
最近はこのような演奏者が少なくなったのが残念です。

ホール全体について
残響が長いのはこのホールの特徴で、特に歯切れの良い曲
には少し残響が長いかなと言う印象でした。
もう少しデッドでもいいのかなという感じです。
音が重なるときに一音一音が不明瞭になりがちかもしれません。
あくまでも私的感想ということです。

さて、今回のコンサートでは終演後に懇親会が設けられ
関さんをはじめお仲間のアーティストや関係者、mixi仲間
が集いました。

関さんはアンサンブルのメンバーと懇談するため、後から参加を
されたのですが、現れたときは既に沢山お召し上がりになった後
という感じで、そんな関さんに飲ませる、飲ませる、飲ま飲ま
いぇ〜〜という感じでお酒をあおって居られました。

ん〜〜陶酔のピアニストか、、コンサートでは陶酔し、
今は泥酔ピアニスト。しばし介護の手をさしのべ終宴、、、
日記を拝見するところ無事にお帰りになった感じでした。
お仲間の方々ともお知り合いになれ、大変興奮した一日
でした。

今回の演目にブラームスのピアノカルテットト短調があると
聞いて早速名演といわれるレコードのCD化を
アメリカのMYTHOSレーベルに頼みました。
関裕子さんにも聞いて頂き、レコードの素晴らしさなど味わってもらいました。
ご興味ある方がおられましたらお知らせください。

posted by sobarlang at 23:26| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

表参道ヒルズに行ってきました

久しぶりのmixi日記です。皆様には大変ご無沙汰をしておりご心配をお掛けしております。お仕事が忙しかったり、新しいPCの世話をしたりと公私ともども忙殺の日々を過ごしております。

<表参道ヒルズに行ってきました>
・昭和の初期建てられた同潤会アパートの跡地に建てられた「表参道ヒルズ」が先日オープンしました。

omote01.jpg
「参」のマークに注目よく見るとスパイラル・・・

 ◎◎ヒルズと言われると思わず行ってみたくなり、カメラ片手に行ってまいりました。表参道駅を出るとヒルズに向かって長蛇の列、オープン早々とあって入場制限をしており、まずは入るのに一苦労というところです。裏口は全て出口専用、警備員もたっていました。

omote02.jpg

やっとの事ではいると中は肩が触れあうほどの込みようでしたが、まずは一番上へとスロープを上がって、、、真ん中の大きな吹き抜けを囲むようななだらかなスロープのサイドに各ショップが建ち並び、一筆書きで巡り歩くことが出来そうな感じでした。

omote03.jpg

ショップにはあまり興味がなかったので、さらっと見て通ことにし建物の感じや演出を眺めながらぐるぐるとスロープを歩いていきます。美味しそうなワインのお店や日本酒のおみせなどありますので落ちついたら一度行ってみようかな、、、、

omote04.jpg

スロープの途中に階段があるが、スロープとの擦り付けがうまくいっていないのか段差がある、、、危ない。
さて、一通り見たところで外へ、、、まだ長蛇の列、、、裏に回る、、、コンクリートの建物は無機質。安藤忠夫の設計だったっけ、、、と思わせる打ち放しのコンクリートや手摺りの手摺り子は例によって大胆な大きさのパイプを使っていました。この手法どっかの温室で見たな、、、スロープも、、、

omote05.jpg

omote06.jpg

omote07.jpg

1階にとても高級なお店(ハリーウィンストン)がありました。宝石店だけど、、、入り口には人が立っている、、、その奥の扉は飾り格子の扉、、、その奥はプライベートセールスルーム??
っていったい何だ?VIPルームかな、、こういうところでお買い物をするのはどんなひとかななどと想像しながら、、、ヒルズを去っていきました。
高級ブランド店の並ぶ表参道です。皆さんもいちど歩いてみては如何でしょうか。

久々の日記でした。
posted by sobarlang at 22:53| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ジェヴィツキ ピアノリサイタル

久しぶりにピアノソナタのコンサートに行ってきました。
ピアノ界の彗星”ジェヴィツキ ピアノリサイタルです。
ジュヴィッツキは1987年生まれ、現在18歳。ポーランドの期待すべき若き新進ピアニストの活躍に期待をしながら聴いてきました。
結論からいうと大変素晴らしい演奏で、久しぶりに興奮をしました。クラシックを聴いてエキサイティングする事は滅多にないのですが、それほど魅了した演奏だったと思います。
 音楽にはフォルムがあると思います。リズムが刻まれ演奏がすすむのですが曲全体の姿としておおきなうねり(かたち)を感じる演奏で、曲のフォルムが良く出ていた演奏でした。
この若さにして素晴らしい才能を発揮し、将来がますます楽しみなピアニストです。
posted by sobarlang at 22:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

金閣寺

京都3日目は金閣寺からスタートです。
とてもラッキーなシーンに出会えましたので、写真をご覧になってください。そうです、水面に波紋が無く鏡のように金色にきらめく金閣寺が映し出されています。

kinkakuji.jpg

なかなか見ることの出来ないシーンでした。シーンとしていました。
posted by sobarlang at 01:26| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

雨の京都

今日は一日雨でした。京都御所〜曼殊院〜銀閣寺〜清水寺〜三十三間堂と巡りました。歩いている間は雨、見学していると小雨、そしてまた雨、、、誰の性でしょうか。
もう少しすると紅葉が綺麗になりそうです。
曼殊院の庭園です。
PICT4874.jpg

そしてJRのポスターにもなっている銀閣寺です。
PICT4886.jpg

この舞台から飛び降りるつもりで
IMGP2247.jpg

いろいろなものを買いましょう。

明日は帰途につきますが、2カ所くらい廻れそうです。
posted by sobarlang at 21:17| 東京 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

京都にいます

と言うわけで、今日から3日間京都に滞在しております。
まあ京都といえば舞妓さんということで
maiko.jpg
舞妓さんです。
「おいでやす」「おおきに」
ちなみに17歳とのことでした。
決してお座敷遊びをしているわけではありません。

by 「お座敷ディレクター」
posted by sobarlang at 20:36| 東京 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

吉村弘の世界 見てきました

真夏日の最中、本来なら海水浴に出向く場所に目的の美術館がある。神奈川県立近代美術館の葉山館で「アンテスとカチーナ人形」という展示を行っている。今年は日本におけるドイツの年間になっているので、ドイツからあらゆる作品や所蔵品が日本にやってきている。実はこの展示が目当てではなく、同時開催している「吉村弘の世界 音のかたち、かたちの音」という回顧展を見に行ってきた。

hayama04.jpg

吉村弘さんは日本における環境音楽の屈指の作曲家である。レコードやCDも数多く出版され活躍していた。東京の地下鉄南北線のホームに流れる発車サイン音は吉村弘が制作したものである。
吉村弘さんとは縁があり、会社のショールームに絵楽譜と音の作品をオリジナル作品として作って戴いた。残念なことに一昨年若くして他界してしまったが、今年この美術館のサウンドロゴを作った関係で回顧展が実現した。
一緒に目黒の美術館でお話をしたときの作品もあった。パフォーマンスに使ったうさぎの耳をみて思い出した。
皆さんも機会があれば行ってみては如何かと思う。

建築の写真を撮るのは自然とやってしまうのは、性であろうか。神奈川県立近代美術館はガラスを使った建築、白い壁と青い海、青い空との調和が印象的であった。すぐ裏は海、一色海岸である。非常に環境に恵まれた美術館である。

hayama01.jpg
エントランス

hayama02.jpg
中庭にあたる部分

さて、湘南といえば美味しい物が沢山あるが、今日はシラスを食べようと探した。逗子駅の回りを散策すること10分ほどで、小さな居酒屋を発見、ランチメニューにシラス丼があったので早速入った。

sirasu_don.jpg

これがシラス丼、釜揚げしたシラスと生のシラスのミックスである。この店では、釜揚げしたもの、なまのもの、ミックスと3種類作ってくれる。
白黒で見るシラス丼も美味しそうである。
posted by sobarlang at 23:02| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。